ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • リステリンクールミント

拡大

  • リステリンクールミント

リステリンクールミント

歯垢の沈着、歯肉炎、口臭を予防、細菌を減少

  • 型番(品番)
    4901730081009
  • カラー

    選択してください

    • 1

      ブルー

238 (税込:258

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 強い殺菌効果でお口の3大トラブル口臭・歯肉炎、歯垢の沈着を予防する、医薬部外品のマウスウォッシュです。
    独自の4つの有効成分が、みがき残しを殺菌し、歯垢の沈着や歯肉炎、口臭の原因となる細菌を効果的に減少させます。

商品詳細情報

代表商品コード 4901730081009
素材・原材料 (薬用成分)1.8-シネオール、チモール、サリチル酸メチル、L-メントール
商品本体サイズ 42×42×116mm
原産国 タイ.
使用方法 日常の歯磨きに加え、適量約20mlを口に含み、30秒程すすいでから吐き出してください。水で口をすすぐ必要はありません。
ブランド説明 産業革命に沸いていたイギリスで、作業中の事故による大怪我が多発。治療の甲斐もなく亡くなる人が多く、また、手術したとしても傷口の細菌による感染で死亡するリスクも高かったことから、外科医のジョゼフ・リスター博士が消毒薬の研究を開始。後に画期的な消毒薬が開発されました。1865年にこの消毒薬を用いた外科手術を行い、重症の患者を救ったことが契機となり、手術中の死亡率が劇的に減少されました。その後、アメリカのローレンス博士と薬剤専門家のランバードがリスター博士の手法に基づき、安全性と保存性に優れた消毒薬を開発。リスター博士のもとを訪れ、博士に敬意を示し「LISTERINE」と命名することを申し出ました。二人の熱意に博士も名前を許諾し、正式に「LISTERINE」として誕生。外科手術の消毒薬として用いられるようになりました。その後、口腔内の殺菌効果があることが分かり、1895年に口腔消毒薬として歯科医向けに発売を開始しました。
日本国内では、1985年に一部地域でテスト販売を開始。1990年に医薬部外品としての承認を得て翌1991年から全国で発売。現在に至っています。
特記事項・成分表示 ・内服液ではありません。刺激が強いので口中が荒れているような時は使用しないで下さい。
・幼児のご使用には適しません。

ページの先頭へ

閉じる

  • リステリンクールミント

拡大

  • リステリンクールミント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中