ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

コスメバイヤー&店舗担当スタッフが実感!2019年の話題を総括!

旬のコスメから定番アイテムなど、豊富な商品を取りそろえているロフトのコスメ。
お客様のニーズに合わせ、日々新たな商品を仕入れているバイヤー、
お客様の反応をもっとも熟知している店舗コスメ担当スタッフが、
2019 年のコスメトレンドを解説!

メイクは「個」の追求がさらに求められる時代に!

いままで以上に「自分に合ったものを買いたい!」というお客様が増えたような気がします。特に色選びに関しては、イエローベース・ブルーベースなど、パーソナルカラーを基準とした色選びをしたり、香りを組み合わせて自分好みにするような傾向が多く見られるように。また、昨年に継続して、SNS上で話題となったアイテムは人気が出る傾向があります。具体的にはベースメイクのカラーバリエーションの多色化に注目。14 色も出ているブランドもあるほど。また、明るめの色味を追加で出すブランドが多く、これは透明肌や白肌ブームが影響していると思われます。メイクアップに関しては、リップ重視から目元、口元の両方に重きを置いたスタイルへとシフトチェンジ。中でもラメ感のある単色シャドウは好調です。いずれの商品もインフルエンサーの紹介によって急に売れることが多く、定番品が再注目されるようになることもあるのが現代ならではの現象ですね。

商品部 健康雑貨部 メイクアップ担当バイヤー
中川 真理子さん

世代を問わず、肌への負担が少ないナチュラルアイテムが人気のカギ

若い世代はコスメを、年齢を重ねるごとにスキンケアやボディケアに関心を抱くのはいつの時代も変わらないものです。学生などメイク初心者世代には、自然な血色感を出すティント系リップが根強い人気。こなれた大人感を出せるブラウンも注目が高まっています。20~30 代になるとアイメイクに人気が高まりますが、水ツヤ系の高発色シャドウが上位にランクイン。ライナーやマスカラはブラウンなどのカラー系で、ぬけ感を出すメイクを楽しむ傾向に。30 代後半~40 代にはCBDオイル愛用者が急増。まだ認知度の低いアイテムながらリピーターが増えており、種類も豊富になりつつあります。50 代以上の女性には、うるおいたっぷりの濃密系マスクなどのエイジングケア※1 商品が人気。世代間で求めるアイテムは大きく異なりますが、どの世代にも共通して言えるのは、肌負担の少ないナチュラルなアイテムであること。ナチュラル志向が年々高まりつつあることを実感しています。

大型店統括部 マーチャンダイザー
永松 彩さん

※1 年齢を重ねたお肌にうるおいを与える

美容賢者が振り返る 2019年コスメ論

日々更新されるビューティ情報に耳を傾け、
実際に手に取って試している美のプロフェッショナル達。
今回はインフルエンサー、ヘアメイク、美容ライターの3名に、
2019年のコスメについてインタビュー。
消費者目線で語るコスメ論は、今後の商品選びの参考になること間違いなし!

菅本裕子(ゆうこす)さん

「loT×コスメ」の時代到来で、コスメ選びはもっと楽チンに!

 SNS でバズるコンテンツといえば、やっぱりモテメイク! これまでは女の子らしさ全開のピンク系メイクに注目が集まったのですが、2019 年は王道よりも個性重視、それでいて可愛らしさを感じさせるメイクが高評価でした。流行は追いかけたいけど、自分らしさも大切にしたい。そんな女子が増えた証拠かも。
 そしてこれ以上に反響が大きかったのがベースメイク。モテメイクを成功させるカギになるのは、色味よりも肌づくりが重要なんです。今年は保湿力の高いクリームタイプのファンデーションが多く見られたのが印象的。これらのアイテムはカバー力はもちろん、自然なツヤと透明感が出せるのが大きな特徴。しかも保湿力が高いので、肌荒れ対策もバッチリ♪これに柔らかなグレーのアイシャドウを合わせると、まぶたに落ちる影とのコントラストがマッチして、すごくキレイに仕上がりますよ。
 スキンケアに関しては、韓国では数年前からブームになっていた「ニキビパッチ」が気になりました。ニキビケアはもちろん、コンシーラーよりも簡単で目立たなくなるし、しかもファンデーションをつけてもOK! 今後さらに製品が増えて、使う人も増えるような気がします。
 そしてゆうこす的コスメニュースNo.1 は「loT化粧品」の登場。loTはあらゆるモノがインターネットにつながる仕組みのこと。スマホで肌測定をしたものを専用キットにつなげれば、自分の肌にあったスキンケアの配合がその場で手に入る時代に!
 製品化されたのはまだ1ブランドだけですが、今後はもっと増えてくると思うし、メイクアイテムも参入してくるんじゃないかな。そしたらコスメ選びはもっと楽になって、自分に合ったものを正しく使える時代になるような気がします。

YUZUKOさん

キーワードは「素肌感」。オレンジ人気は継続中!

 ナチュラルメイクがより進化して、ファンデを塗ってないような薄づきファンデーションが数多く見られた2019年。その結果、チークはニュアンスカラーが主流になり、すっぴん感がさらに増した気がします。アイシャドウやリップは、昨年に引き続きオレンジ系が大流行。今年はブラウン寄りのオレンジが各ブランドから発表されていましたね。その延長で、アイラインやマスカラも、オレンジカラーとよくなじむブラウン系が大ヒット。テクスチャーは目元はしっとり、口元はセミマット。質感でイマドキ感を出すのも、今年の象徴だったと思います。
 これらのアイテムを使えばトレンドメイク間違いなしですが、全アイテム購入はなかなか難しいもの。そんな人には、くすみカラーを投入すればOK! シャドウの場合は普段使いのシャドウの上からグレージュを重ねたり、リップはオレンジブラウンを選べば失敗なし。1 アイテム変えるだけでも、新しい自分になれますよ。ぜひお試しあれ。

三輪順子さん

高額なイメージのナチュラルコスメに大革命!

 環境問題に関心を抱く女性が増えたことで、ナチュラルコスメ人気は年々増加。とはいえ、通常のスキンケアに比べると高額で、継続して使うのが困難だったのも事実。そんな消費者の意見を反映してか、今年はお買い求めやすい価格のナチュラルコスメが続々と登場! パッケージデザインにこだわったものも多く、今後もさらに増えていくと思われます。
 もう1 つ注目しているのがヘアケア商品。かつてインバスアイテムといえば、大手ブランド、もしくはサロン専売品くらいしか選択肢がありませんでしたが、ここ数年で市場が急成長。そして2019 年は頭皮をケアするアイテムが数多く登場しています。髪にうるおいを与えるのは当たり前。これからは頭皮環境を整えるのが新常識になるような気がします。
 いずれにしろ、どちらかと言えばニッチ扱いされてきた美容アイテムにスポットが当たるようになった2019 年。来年以降も新たな分野の美容アイテム登場に期待したいですね。

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中