ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

御朱印集めの基礎知識 | そもそも御朱印とは何なのか?御朱印集めの始まりは?ここでは“基本のキ”ともいえることを簡単にまとめてみました。

御朱印とは?

それぞれの神社から参拝のあかしとして授与されるもの。神社巡りをする人にとって必須アイテムです。
日付が記載されてるため、神社巡りの思い出にもなりますし、神社によって異なる御朱印のデザインは、参拝後に眺めて楽しいものです。
ひと筆ひと筆書いていただく字はもちろん、参拝という御朱印本来の目的も忘れずに、授かった御朱印のデザインを眺めてみましょう。
また、単純に集めるだけでなく、神社の歴史を学ぶきっかけになりそうです。

御朱印とは?

御朱印とは?

御朱印の魅力

御朱印は古い書体の文字や梵字、寺社にゆかりのある動植物をモチーフにした押し印など達筆で力強いものばかりでなく、可愛いものやユーモラスなものまで多種多様な御朱印があります。
さらに同じ寺社の御朱印でも書いてくださる方によって筆跡は違いますし、押し印は押し方の強弱や朱墨のつき方によって濃淡が違います。
また、御朱印のデザインは不変のものではなく、月日が経つと変更させる場合もありますので、再び訪れた際に同じデザインのものがいただけるとは限りません。すべての御朱印がその時の「ご縁」で授かったオンリーワンアートなのです。

烏森神社 愛宕神社

烏森神社

東京・新橋にある烏森神社は、四隅に4色の印が入ったカラフルな御朱印で人気。必勝祈願のほか、技芸上達の神様を祀る数少ない神社のひとつ。

愛宕神社

東京・愛宕にある愛宕神社は、神社名と日付が入るシンプルで美しいもの。御朱印を受ける際には、ぜひ出世の石段をのぼってみたい。

御朱印集めの始まり

起源には諸説あるが、元々は寺社に写経を納めた際の受付印であったとする説が有力です。
そもそも御朱印は、納経印ともいわれるように、お寺で写経をし、それを奉納した証としていただけるものでした。お寺で始まった御朱印が、その後神社に広がり、現在では一般参拝ができるほとんどの寺社でいただけるようになっています。ただし、偶像崇拝を行わない浄土真宗のお寺の多くでは、御朱印をいただくことはできません。

御朱印帳の使い方

御朱印はどんな紙にでも書いていただけるわけではありません。場合によっては、寺社で用意してくださる和紙に書いていただくことも可能ですが、基本的には持参した御朱印帳に書いてもらいます。
御朱印帳は、集めることの喜びや、見返すことの楽しさなど、いろいろな魅力が詰まっています。
最近では、かわいいデザインの御朱印帳も増えているので、自分のお気に入りを選んで、御朱印収集を楽しんでみましょう。

御朱印を受ける手順

(1) まずは社務所を探そう

(2) 「御朱印をいただきたい」旨を伝えます

(3) OKが出たら、持参した御朱印帳を渡します

(4) 持ち時間の間に参拝を済ませるなど時間を有効に使いましょう

(5) 御朱印をいただき、初穂料を確認

(6) 確認した初穂料を納め、お礼を伝えて帰ります
(御朱印帳を預ける際に初穂料を納める場合もあります)

御朱印帳と一緒に持ち歩きたい手帳

御朱印帳だけではわからない神社の創建や祭神、ご利益など、訪れた神社についてくわしく記録できる手帳です。正しい参拝方法や、鳥居の種類など、神社に訪れる前に知っておきたい情報が満載です。全国の有名神社や社格についても紹介しています。

ワナドゥ!!手帳 御朱印 2ndedition

ワナドゥ!!手帳 御朱印 2ndedition

ページの先頭へ